生産技術 PRODUCTION TECHNOLOGY

革新的生産技術の確立を目指して

生産技術者育成と技術の伝承

ものづくりの基本教育から環境・安全・品質に関する教育、化学工学教育、エンジニアリング研修等、生産技術者の育成と技術の伝承を目的に全社教育プログラムを進めています。
また、近年はデジタル革新としてデータ解析技術による課題解決力の向上を目標に、品質工学教育を通じた現場課題解決への取り組みや、データサイエンティスト育成にも取り組み、社員のデータハンドリングスキル向上を推進しています。

設備管理(予知保全、予防保全、事後保全)

設備の安全・安定運転は、環境保全・労働安全衛生・品質保証に繋がります。そのため、設備に起因するロス・リスクを低減しトラブルを防止する設備管理は極めて重要です。定期的な検査や整備をする予防保全、異常な兆候を察知する予知保全、トラブルが起きた際の対処かつ再発防止の事後保全にIoTやAIなどの新たな技術を導入しながら業務の高度化を進めています。
保全技術の向上を図りながら設備保全管理システムを活用し、より信頼性の高い設備を実現しています。

プロセス技術開発(コンパクトフロー)

コンパクトフローとは、微小流路を利用する連続流通プロセスであり、瞬間混合、高速熱交換、精密な反応時間制御、界面制御などの特徴があります。近年、高効率、高品質、かつ安全な製造手法として期待されています。また、装置全体がコンパクトになることから、コンテナプラントとしてオンサイト製造による効率化も図られています。

JNCでは、既存製品の製造手法改良や、新規素材の製造プロセスとして開発を進めています。また、JNCエンジニアリング株式会社と共同でコンテナプラントの設計等も行っています。