沿革 Historical Overview

創業

1906

明治39年

曾木電気株式会社設立

創業者
野口 遵
(のぐち したがう)
曾木電気第二発電所

1908

明治41年

日本窒素肥料株式会社に改称、水俣工場で空中窒素固定法による石灰窒素の製造開始

1914

大正3年

白川発電所完成(熊本県)、以降南九州各地に発電所を建設

1923

大正12年

世界で初めてカザレー式合成アンモニアの製造開始

1927

昭和2年

朝鮮窒素肥料株式会社設立、世界最大規模の化学コンビナート興南工場設立

1941

昭和16年

塩化ビニルの製造開始

1944

昭和19年

世界最大級の水豊ダム完成(70万kw)

戦後再建

1945

昭和20年

戦後、全国のトップを切ってアンモニア肥料(硫安)の製造再開

1950

昭和25年

新日本窒素肥料株式会社として新たなスタート

1952〜
1953

昭和27〜
28年

オクタノール、DOP、アセテートステープルの製造設備完成

1955

昭和30年

高度化成肥料の製造設備完成

1959

昭和34年

高純度金属シリコンの製造設備完成

1960

昭和35年

九州化学工業株式会社設立

石油化学への進出

1962

昭和37年

チッソ石油化学株式会社設立
(現JNC石油化学株式会社)

1963

昭和38年

  • チッソポリプロ繊維株式会社(現JNCファイバーズ株式会社)設立

  • ポリプロピレンおよび
    ポリプロ繊維の製造設備完成

1965

昭和40年

チッソ株式会社に改称

1969

昭和44年

高密度ポリエチレンの製造設備完成、オクタノール(オキソ法)、DOPの製造設備完成

先端化学企業へ

1973

昭和48年

液晶の製造設備完成

1974

昭和49年

熱接着性複合繊維(ES繊維)の製造設備完成

1980

昭和55年

有機シリコン化合物の製造設備完成

1981

昭和56年

肥効調節型肥料(LPコート)、球状セルロースゲル(セルファイン)の製造設備完成

1984

昭和59年

天然物系食品保存剤(ポリリジン)、バイオヒアルロン酸の製造設備完成

1986

昭和61年

チッソアメリカ社設立

1987

昭和62年

気相法ポリプロピレン製造設備完成

1989

平成元年

サン・エレクトロニクス株式会社設立(IC組立、バンプ製造設備完成)

1994

平成6年

広州ES繊維有限責任会社設立

1997

平成9年

五井リクソンセンター(液晶ブレンド工場)完成

1999

平成11年

台湾智索有限公司設立(現台湾捷恩智股份有限公司)

2000

平成12年

ES FiberVisions, Inc. 設立

2003

平成15年

日本ポリプロ株式会社(ポリプロピレン事業統合会社)設立

2004

平成16年

  • 智索国際貿易(上海)有限公司設立(現捷恩智(上海)企業管理有限公司)

  • チッソ韓国株式会社設立
    (現韓国JNC株式会社)

  • チッソファインテクノ株式会社設立(現JNCマテリアル株式会社)

2005

平成17年

韓国にLCD用配向膜及びオーバーコートの製造設備完成

次の100年へ

2006

平成18年

  • 創立100周年

  • ESファイバービジョンズ株式会社設立

  • 台湾智索台南工場竣工

  • COMUSA COVINGTON工場竣工

2009

平成21年

ジェイカムアグリ株式会社設立

2010

平成22年

智索無紡材料(常熟)有限公司設立(現捷恩智無紡材料(常熟)有限公司)

2011

平成23年

JNC株式会社設立

2012

平成24年

  • 芸愛絲維順(蘇州)繊維有限公司設立

  • JNC Nonwovens(Thailand)Co., Ltd.設立

2013

平成25年

ES FiberVisions (Thailand) Co., Ltd. 設立

2014

平成26年

捷恩智液晶材料(蘇州)有限公司 設立

2015

平成27年

台灣傑康農業科技股份有限公司 設立

2016

平成28年

中国統括会社「捷恩智(上海)企業管理有限公司」業務開始

2017

平成29年

台湾ディスプレイ技術センター 設置

2018

平成30年

ペイントプロテクションフィルムの新ブランド「JN-SHIELD」の立ち上げ

2019

令和元年

高千穂発電所リニューアル工事完了
超高色純度の有機ELディスプレイ用青色発光材料を開発