TECHNICAL COLUMN技術コラム

技術コラム一覧

バイオ医薬品のダウンストリームプロセス構築のテクニックやクロマトグラフィーカラム全般の技術情報をコラムとして配信しています。セルファインを使用したダウンストリームプロセス構築のヒントとして活用下さい。

セルファインによるCHO細胞培養上清からのモノクローナル抗体精製

CHO細胞培養上清を用いた3つのクロマトグラフィーによる精製事例。
セルファインSPA-HC、セルファインMAX Q-h、セルファインMAX GSを用いた精製事例。

セルロース系クロマトグラフィー担体(セルファイン)を用いた効率的なモノクローナル抗体の精製方法

モノクローナル抗体(mAb)のダウンストリーム(精製工程)では、プロテインAカラムによる捕捉工程とポリッシングと呼ばれる不純物除去工程があります。このコラムではポリッシング工程において使用される2つのカラムを連結し、フロースルーモードで使用する方法を紹介します(FT-FTモード)。

セルファインアフィニティ担体およびミックスモード担体を用いたモノクローナル抗体精製の2ステップ精製

プロテインAクロマトグラフィーによるキャプチャー工程と、セルファインMAX IBによるポリッシング工程の2ステップ精製で、モノクローナル抗体の高純度精製を達成する方法を紹介します。2ステップ精製を実現することで、ダウンストリーム精製の設備投資を抑え、ランニングコストの低減が図れます。

セルファイン サルフェイトを用いたヒトコロナウイルスOC43の精製事例

ウイルス精製の経験が豊富なセルファイン サルフェイトによるヒトコロナウイルスOC43(hCoV OC43)の精製例を紹介します。 COVID-19の原因ウイルスを含むβコロナウイルス属のhCoV OC43は、セルファイン サルフェイトで高純度に精製されました。 セルファイン サルフェイトは、βコロナウイルス属の精製に有効なクロマトグラフィー担体です。

セルファイン フォスフェイトを用いたT7 RNA ポリメラーゼの精製

近年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンとして有名になったmRNAワクチンの製造過程において、T7 RNAポリメラーゼが用いられています。 このレポートでは大腸菌(pAR1219)にT7 RNAポリメラーゼを発現した後、その発酵液をセルファイン フォスフェイトおよびセルファインMAX DEAE(弱アニオン交換担体)で高純度に精製した事例を紹介します。 アフィニティークロマトグラフィー担体であるセルファイン フォスフェイトを用いることで極めて高純度の酵素が精製できます。

カスタマイズ・特注品の開発も
可能です。

お客様のご要望に応じたグレードの開発も承りますのでご相談ください。

トップに戻る