オキソ誘導品価格について 10 月22日出荷分より値上げ

JNC株式会社(本社:東京都千代田区、社長:後藤 泰行)は、オキソ誘導品の値上げを実施致します。

 

 

 

オキソ誘導品の原料である国産ナフサの基準価格は、原油価格の上昇と為替の円安により騰勢を強めており、

2018年第4四半期(10-12月)は60千円/KL程度が見込まれております。また、副原料や用役費用等も既に上昇しており、

自助努力でコストアップ分を吸収するのは極めて困難な状況です。

需要家に対する安定供給の責務を果たすためにも価格改定せざるを得ず、10月22日出荷分より18円以上の

値上げをすることと致しました。

今後、需要家の皆様のご理解を得られるよう、取り組んでまいります。

 

1. 対象製品と価格改定幅

●ノルマルブチルアルデヒド(NBA)、イソブチルアルデヒド(IBA)、オクタノール(OA)、

ノルマルブタノール(NBO)、イソブタノール(IBO)、CS-12、CS-16、CS-202、

酢酸ブチル、酢酸イソブチル、イソ酪酸イソブチル(IBIB)、酢酸イソプロピル(IPAC)、オクチル酸、DMH、

●現行価格に対して18円/KG以上

 

2. 実施時期

2018年10月22日出荷分より

 

                                                                                                                                                    以上