2014年入社式 社長祝辞

本日4月1日、入社式が執り行われ、社長森田美智男が祝辞を述べました。その内容を発表します。 

◇        ◇        ◇        ◇

 

 本日は皆さんの新たな出発の時であります。桜も満開、心よりお祝い申し上げる。
JNCグループ全員が皆さんを歓迎し、期待をしている。

 
 日本経済は1990年代に入りバブルがはじけ、その後「失われた20年」、そして「リーマンショック」、「超円高」と長い低迷が続いた。しかし、昨年、政府による「デフレ脱却宣言」、日銀による「異次元金融緩和」が功を奏し日本経済のムードが大きく変わり、日本が自信と明るさを取り戻しつつあると感じている。 今こそ、日本がもう一度新たな目標に向かって頑張る必要があると考える。
 

 当社は100年を越える歴史と伝統があり、われわれは債務も財産も責務も期待も、いろいろなものを相続している。また「優れた技術で、社会の進歩に貢献する先端化学企業」であり、液晶材料、複合繊維、特殊肥料、シリコン、バイオ、クリーン電力事業などを展開している。またLiB材、有機EL材料、LED封止材、放熱材料、精密加工材料などの研究開発を推進している。わたしたちには、これらの事業を通して世の中の生活を豊かにするという役割がある。
 

 不安定極まりないグローバル経済の中で当社を取り巻く環境は依然厳しいが、これまで培ってきた当社の技術力、人材力で一番を目指し、この環境に臨んでいる。皆さんもあわてることはないが、この中に入ってきていただきたい。
 

 環境が変わるため、心身ともに健康には十分注意していただきたい。そして、我々は常に危険と隣り合わせにあり、ルールを守って安全には気をつけてほしい。また、よき仲間、よき先輩をはじめ、多くの人と接し、刺激を受けて当社が求める技術力、人材力を磨き上げてほしい。

以上