戸畑工場 TOBATA PLANT

九州化学工業(株) 戸畑工場

事業所概要

戸畑工場は1960年に新日鐵化学株式会社との共同出資で設立され、当初は高度化成肥料を製造していましたが、ファイン化・高機能化を進め、現在は機能性肥料・機能材料を中心とした製品を製造しています。液晶材料や液晶周辺材料の製造部門である「JNCマテリアル株式会社」および高機能なコーティング肥料や培土の製造部門である「ジェイカムアグリ株式会社」と間接部門である「九州化学工業株式会社」の三社で構成・運営しています。

事業場写真

戸畑工場

事業場長写真

工場長 高見 剛

RC年度方針

[モットー]
安全常に!

[スローガン]
「ルール遵守とリスク低減」声掛け合って目指そう 安全工場!!

  1. 1.作業者の安全性の向上
    1. 重量物取扱い作業における腰痛防止活動の推進、未熟練労働者への安全教育の強化、熱中症予防対策の実施、挟まれ・巻き込まれ・切創災害撲滅の安全活動推進
  2. 2.平時の備え
    1. 自然災害・ユーティリティー不時停止等
  3. 3.心と身体の健康推進
    1. 有所見者率低減に向けて:健康診断、ストレスチェック、健康相談等

トピックス

第2次無災害記録社長表彰

第2次無災害記録の社長表彰式が行われました。
戸畑工場では、2011年12月6日から6年間無災害を続けています。

食事体験学習

九州総合健康センターから講師を招き、ヘルシー弁当をいただいたりクイズに答えたりする食事体験学習を開催しました。

保安防災・安全活動

危険体感教育

水俣製造所より講師3人と機材を派遣していただき、3日間に渡る危険体感教育を行いました。
戸畑工場では2回目の開催で、工場長以下協力会を含めた143人が受講し、感電、被液、挟まれ巻き込まれ、静電気、過電流、酸欠についてさまざまな危険を実際に体験/学習しました。