台湾捷恩智股份有限公司 台南工場 JNC TAIWAN CO., LTD.

台湾捷恩智股份有限公司 台南工場

事業所概要

台湾捷恩智股份有限公司_台南事業場は、台南科学園区内に位置する液晶ブレンド工場です。現在約130人が働いており(生産工場は96人、ディスプレイ技術センターは34人)、台湾を始め、日本、韓国、中国の大手液晶パネルメーカーに製品を納入しています。2006年12月の竣工以来、無事故・無災害を継続しています。2017年5月に研究部署DTC(Display Technical Center)技術棟を立ち上げ、設計開発から量産出荷まで全面的な対応とサービスのスピードアップが可能となっています。2019年10月、業務強化と効率化を目的に台北事務所の営業部は台南事業場に移転され、顧客からの信頼を頂けるような技術、品質の確保と迅速な対応により、日々顧客満足度向上に努めています。更に、液晶材料事業の構造改革の一環で、グローバル全体の生産最適化を図るとともに顧客ニーズにきめ細かく対応できる体制を整え、事業の競争力を高めるため、2021年8月に市原LCから台南事業場に韓国と日本向けの生産移管を完了しました。

事業場写真

  • 台南工場液晶棟

    台南工場液晶棟

  • DTC(Display Technical Center)研究棟

    DTC(Display Technical Center)技術棟

事業場長写真

工場長 薛 志雄

RC年度方針

【活動指針】
全社RC方針、目標を受け、「2022年度RC実施計画」を策定し環境保全、保安防災、労働安全衛生、品質保証にて活動展開とする。また、台南事業場重点実施項目は次の通りとする。

【台南事業場重点実施項目】
・労働安全衛生にて活動展開(挟まれ、巻き込み、切創防止、保護具、KYなどの教育訓練)。
・協力会社/請負協力業者作業の安全管理展開。
・製品仕様に関わる4M変更管理の徹底。
・RC活動を通じたSDGsの取組み推進・活動情報を従業員に周知、掲示。
・省エネ推進により更なる削減を推進にて駐車棟&行政棟太陽光発電装置の評価する。
・環境影響関連のリスク・課題の把握及び著しい環境側面の対策を展開する。
・中高齢従業員作業適正管理を展開しエイジフレンドリーな職場改善の推進。
・BCM_運営リスク管理&対策の展開_水道電気供給面管理。
・「新型コロナウイルス感染防止に応変計画」の展開。