水俣製造所 MINAMATA FACTORY

水俣製造所

事業所概要

水俣市は、熊本県の最南端に位置し、海岸部及び山間部に温泉を有し、沿岸部は全域が県立自然公園に指定されており、豊かな自然環境に恵まれています。
当製造所はJNCの発祥工場で、1908年に初代社長 野口遵が水力発電による豊富な電力と石灰石に着目しカーバイドを造ったのが始まりです。
その後、石油化学そしてファインケミカルズへと技術革新の流れに沿って成長してきました。
現在は、液晶や有機EL材料、ファインケミカル製品、シリコン化合物製品、ライフケミカル製品等のバラエティーに富んだ製品を製造し、JNCグループの中核的な役割を担い、関連企業や協力会社と力を合わせて地域との共栄に努めています。

事業場写真

水俣製造所は、不知火海に面した熊本県水俣市にあり、敷地面積は約58万㎡、西側には護岸500m・水深6mの専用港を有します。

事業場長写真

製造所長 大森 光治

RC年度方針

【モットー】
安全常に

【スローガン】
全員活動で意識を高め 目指そう安全職場 ヨシ

【社長指示事項】

  1. ①人事異動や組織の改変に絡む安全管理体制の明確化。
  2. ②管理者とオペレーターにおいて、指示、確認、報告、連絡、相談等の抜けが生じないようにコミュニケーションの徹底に取り組むこと。
  3. ③関係法令および社内規程、外部との契約事項等における違反防止の徹底を図ること。
    また、品質保証に関してはグループ内の監視体制を定着させること。

重点実施項目

  1. 1.休業災害ゼロ及び労働災害の削減に向けた安全衛生活動の推進
    1. ①挟まれ巻き込まれ、切創災害撲滅為、保護具、KYなどの安全活動の徹底。
    2. ②未熟練労働者(転入者含む)の災害撲滅の為、安全衛生教育及び作業指示などの強化。
    3. ③熱中症災害撲滅の為、安全衛生教育、体調管理、KYなどの徹底。