黄色ブドウ球菌とは?

  人の化膿した傷、皮膚、おでき、にきび、喉や鼻の中、毛髪などに常在しています。また、適正温度を越えたハム、弁当等から検出されることが多いです。 食品の中で増殖する際に毒素をつくり害を及ぼします。毒素は熱に強く、100℃30分の加熱でも分解されません。菌自体は熱に弱いので十分に加熱調理すれば死滅します。症状としては吐き気、嘔吐の後、下痢になります。ひとによっては腹痛と発熱を伴います。通常一日両中に回復します。潜伏期間は1〜5時間です
検査の意義:黄色ブドウ球菌が検出された場合は、何らかの状況で人による2次汚染がなされた、または保菌者の存在の可能性を確認することができます。 
実験方法

一般的な検査の場合

   サニ太くんを用いた検査の場合