腸炎ビブリオとは?

  魚介類の刺し身や寿司が感染源となります。生の魚介類を調理した後の調理器具や手指等から感染します。 海水中や海泥中に生存し、水温20℃以上、最低温度15℃以上になると海水中に大量に増殖して、魚介類によって運ばれます。症状としては上腹部の痛み、嘔吐、胃けいれんのような痛み、腹痛、下痢、発熱などが起こります。潜伏期間は7〜20時間です。
実験方法

一般的な検査の場合

サニ太くんを用いた検査の場合