構造図

「サニ太くん」の構造

 「サニ太くん」はフィルム、培地・水溶性ポリマー(水溶性高分子化合物)フィルム、不織布が積層された培地成分が粘着シートの上に接着され、培養時の水分の蒸発を防ぎ、微生物の生育を観察しやすいように透明なフィルムカバーを被せた構造のシート状培地です。 

  上のフィルムカバーをめくって、微生物を含む試料液をシートに加えると、試料液は一旦、不織布全体に拡散して保持されます。
  試料液中の水により培地・水溶性ポリマーフィルムが溶け出し、微生物の生育分裂が始まります。
この時、溶け出した培地・水溶性ポリマーフィルムは高粘度のため、微生物は内部に入り込めずに不織布層の表面まで押し上げられ、不織布層表面または表面近傍に微生物のコロニーが形成されます。

  このように、微生物コロニーは不織布層表面または表面近傍に微生物のコロニーが形成されるため、不織布を用いているにもかかわらず、定量性がよい、微生物の分散性がよい(菌数を数えやすい)のです。
 
 *「サニ太くん」の微生物検出技術はJNC株式会社の優れたバイオ技術と高分子加工技術が融合したもので、世界の主要国に特許を
     出願しております。