■一般生菌用

 

赤色の集落として検出されます。
(微生物の呼吸によって指示薬が赤色に発色します。)

培養条件:35℃、48時間

 ■大腸菌群用

 

青〜青緑色の集落として検出されます。
(大腸菌群が産生するβ-ガラクトシダーゼにより指示薬が青〜青緑色に発色します。)

培養条件:35℃、24時間

 ■大腸菌・大腸菌群用

大腸菌群は青〜青緑色の集落または藍色のコロニーとして検出されます。
大腸菌は紫色〜藍色の集落として検出されます。

(大腸菌群が産生するβ-ガラクトシダーゼにより指示薬が青〜青緑色に発色します。また、大腸菌が産生するβ-グルクロニダーゼにより指示薬が紫色〜藍色に発色します。)

培養条件:35℃、24時間

詳細資料

 ■真菌用迅速タイプ

 

赤いスポット、またはカビ、酵母が産出する特有の色素を伴った赤いスポットとして検出されます。
(カビと酵母の推定には3日以上培養するとよりわかりやすくなります)

培養条件:25℃、48時間

 ■黄色ブドウ球菌用

 

24時間培養後に出現するコロニーの内、黒いスポットの周りに青く発色したコロニーが黄色ブドウ球菌のコロニーです。
(黒いスポットのみ、または青い発色のみのコロニーは黄色ブドウ球菌のコロニーではありません。)

培養条件:35℃、24時間

発色特徴の詳細

※黄色ブドウ球菌の確定には、純培養した後、生化学的な確認試験を
   行ってください。

 ■サルモネラ用

 

非硫化水素産生型を含むサルモネラを、水色の集落として検出します。
(大腸菌群は紫色〜藍色の集落として検出されます。)

培養条件:35℃、24時間

発色特徴の詳細

※サルモネラの確定には、純培養した後、生化学的な確認試験を
    行ってください。