研究所案内

繊維開発センター

限りない技術革新で夢を実現

JNCグループの繊維事業は、他社に先駆け進出したポリプロピレン繊維の製造技術・加工技術の開発を繰り返しながら、数多くの新製品を市場に送り出してきました。
特に独自に開発した熱接着性複合繊維は熱処理により不織布を製造できる画期的な製品で、1980年に日本繊維学会技術賞を受賞しています。
この熱接着性繊維や加工技術との組み合わせにより開発した不織布等の繊維加工製品は、その優れた性能を高く評価され、紙おむつ等の衛生材料やフィルター・セパレーター等の産業資材他、各種用途に全世界で使用されています。

しかし、当社は熱接着性繊維等を生み出した高度な技術に満足しているわけではありません。
繊維開発センターでは、人々のより快適な生活、次代の夢を実現するため、多彩な機能を付加した繊維・繊維加工製品の開発を最優先テーマにして取組んでいます。
また、多種多様化する市場、お客様のニーズに素早く対応するため、既存製品の改良や技術サービスにも力を注いでいます。
我々は、「グローバル」「次世代」をキーワードに、伝統の上に築き上げられた技術をさらに進化させるとともに、従来の繊維の枠を越えた革新的技術を開発することで新しい製品を生み出していきます。

代表的な研究開発商品

熱接着性複合繊維、複合メルトブローン不織布、スルーエア不織布、エレクトレットナノ繊維

代表的な研究開発商品
代表的な研究開発商品

繊維開発センター 地図

住所・電話番号

〒524-0001
滋賀県守山市川田町230
TEL. 077-582-3575(代)
FAX. 077-583-5876

繊維開発センターまでのアクセス

■JR守山駅よりタクシーで約15分