研究所案内

水俣研究所

生産技術の革新と新材料・新技術の創出

今から100年以上も前に自然豊かな南九州一帯に水力発電所を建設し、その電気を用いてカーバイド事業から始まったここ水俣は当社発祥の地です。
九州新幹線の全線開通により博多まで約1時間となり、韓国・台湾・中国の顧客訪問は東京よりも便利なほどになりました。
水俣研究所は、事業部門テーマとコーポレートテーマを共有し、生産技術革新による既存プロセスのブラッシュアップによるコストダウンをはじめ、新材料・新事業創出を目指す「生産技術開発の拠点」「環境・エネルギー開発」を志向する研究所としての役割を担っています。

現在取り組んでいるテーマを一部紹介します。
事業部門では、有機シリコン化合物・反応性シリコーン化合物、香料や医薬原料の開発を中心に行っています。
これらテーマを進める上でスケールアップデータ取得に必要なグラスライニング、ステンレス製の小型・中型反応器、濃縮、晶析、蒸留機器等を備えたベンチ設備を有しています。
また、マイクロリアクター設備を利用した新規プロセスの開発にも取り組んでいます。
コーポレートでは、電子材料向け製品の開発に注力しています。また、水や肥料、農薬の使用量を従来よりも削減できる、環境にやさしい植物栽培システムの開発に取り組んでいます。
これら研究をサポートする分析研究グループを有し、分析拠点として市原研究所の解析グループと両輪となり、オールJNCを支える最先端の分析体制を整えています。

代表的な研究開発商品

有機シリコン製品、反応性シリコーン製品、香料原料、医薬原料、Soilless栽培システム

代表的な研究開発商品
代表的な研究開発商品

水俣研究所 地図

住所・電話番号

〒867-8501
熊本県水俣市野口町1-1
TEL. 0966-63-2116(代)
FAX. 0966-62-1230

水俣研究所までのアクセス

■肥薩おれんじ鉄道水俣駅下車徒歩1分
■JR九州新幹線新水俣駅よりタクシーで約15分