研究開発・生産技術

日本化学工業界のパイオニア

研究開発

これまでも、これからも

「電気化学の父」とも称される創業者の野口遵は、常に時代の流れを読み、1923年に世界で初めてカザレー法による合成アンモニアの製造に成功、1941年には塩化ビニル樹脂の製造を開始するなどニーズに即応した技術や製品を世の中に送り出してきました。
私たちは、そのパイオニア精神の遺伝子を受け継ぎ、戦後、オクタノールやDOP、高度化成肥料、超高純度金属シリコンを日本で初めて生産するなど常に日本の化学産業をリードしてきました。
そして現在はこれから益々多様化・高度化する社会のニーズに対応するため、「高度情報社会を実現する電子情報技術関連」、「化石燃料の資源枯渇・地球温暖化に対応したエネルギー関連」、「生活を豊かにする環境関連」における研究開発に注力しています。
私たちは常に、社会貢献意識を高く持ち、夢の実現に向け、研究開発を推進してまいります。

生産技術

国際競争に打ち勝つために

国際競争力を磨くため、生産技術力の強化「RJ(Reinforcement of JNC Technology)活動」に全社で取り組んでいます。
これには二つの目的があります。
一つ目は革新的な生産技術を生み出し、生産性を大幅に向上させることであり、二つ目は研究開発部門と生産技術部門の協力により、新規事業の創出に向けた働きをより加速させることです。
生産技術