新規 剥離・洗浄剤について ドイツ企業とライセンス契約締結

2013年03月13日

 JNC株式会社(社長:森田美智男、本社:東京都千代田区)は、bubbles & beyond GmbH(CEO:Mr. Christian Römlein、本社:ドイツ、以下:b&b社)から、フラットパネルディスプレイ、半導体、電子基板などのエレクトロニクス製品の製造工程で使用する新たな剥離・洗浄剤の製造・販売に関するライセンス契約を締結しました。

 これまで多くの剥離・洗浄剤には、強酸、強アルカリ、有機溶剤が使われており、取り扱いに難点がありました。また、自然環境に有害な場合もあり、昨今の環境保全意識の高まりにより、環境に優しい製品が求められています。

 b&b社の剥離・洗浄剤は、優れた剥離性能を有する環境に優しい水系製品であり、物質を化学的に溶解して剥離させるものではなく、接着界面に浸透し、物理的作用により剥離させるというユニークな特徴があります。また本製品は、剥離物を溶解させないことから、剥離後の剥離洗浄液からの剥離物の分離が容易で、再利用性に優れています。

 当社およびb&b社は、2011年5月よりエレクトロニクス分野に対する本製品の開発およびユーザーの開拓を進めてまいりましたが、今般、本製品に対するニーズの確認がなされたことから、事業化に向けた取り組みを加速させるものです。今後、顧客における評価が確定したものから順次販売を開始し、将来はアジア圏内にその範囲を拡げてまいります。

 当社は、電子情報材料分野および環境・エネルギー分野を事業ドメインとして位置づけ、新たな経営の柱となる、次世代新事業の創出を目指しております。電子情報材料の市場では、クリーンテクノロジーに対する期待も高まっており、剥離・洗浄剤の技術開発および市場展開を進め、事業領域を拡大してまいります。