オキソ誘導品価格について 4月1日納入分より値上げ

2013年03月13日

 JNC株式会社(本社:東京都千代田区、社長:森田美智男)は、オキソ誘導品の値上げを実施いたします。
 オキソ誘導品の原料であるナフサの価格は、円安と原油高の影響を受け騰勢を強めております。
 当社は、2013年2月以降納入分につき、国産ナフサ価格62千円/KLに対応した価格改定を実施しました。しかしながら、その後も円安とナフサ価格の上昇は続き、2013年第2四半期(4-6月)は68千円/KLを超える水準となることが見込まれます。
 これに対し、当社はコスト削減などの採算改善に努めてまいりましたが、用役、副原料のコストアップも含めて採算はさらに厳しい状況となり、今般の原料価格の高騰は自助努力で吸収できる範囲を超えていると判断するに至りました。
 当社といたしましては、国内需要家に対する安定供給の責務を果たすためには価格改定せざるを得ず、4月1日納入分から14円/kg以上の値上げをすることといたしました。
 今後、顧客の皆様のご理解を得られる様、取り組んでまいります。

 1.対象製品と価格改定幅;
  ●ノルマルブチルアルデヒド(NBA)、イソブチルアルデヒド(IBA)、オクタノール(OA)、
   ノルマルブタノール(NBO)、イソブタノール(IBO)、酢酸ブチル、
   酢酸イソブチル、CS-12、CS-16、イソ酪酸イソブチル(IBIB)、オクチル酸

  ●現行価格に対して14円/kg以上

 2. 実施時期;
  2013年4月1日納入分より