白癬菌検出キット 本格販売を開始

2011年06月02日

 当社(製造元)および日祥株式会社(販売元 本社:東京都千代田区神田須田町、社長:浅見宗男)は、水虫の主な原因である白癬菌属の有無を5~15分で判定する「白癬菌検出キット」の本格販売を開始します。

 白癬菌検出キットは、国立大学法人福井大学と当社が共同開発研究で得た知見を活用し、イムノクロマト法により商品化した他社にはない新規なもので、人用の10回テスト用(10,000円税抜価格)および1回テスト用(1,200円 同 )、そして動物用10回テスト用(10,000円 同 )です。

 水虫の患者は国内だけで2,500万人に上るとされ、また日本以外の国々でも、患者が多数いるものと推測されます。

 従来法は、患部から採取した皮膚や爪の一部を薬液で処理した後、顕微鏡を使用して白癬菌を見つけるため、時間がかかる上、専門医でも検出が難しいとされています。一方、本キットでは、患部の皮膚や爪の一部を抽出液に入れ、試験紙をその中に浸透させると、5~15分で試験紙に紫色のラインが表れ、白癬菌の有無が判定できます。また、顕微鏡による観察結果との相関も良好で、簡便・短時間で検出することができます。(2011年5月、第22回世界皮膚科学会にて試験結果を発表)

 当社グループでは、液晶や有機EL材料といった高機能な電子情報材料の製造・販売を行う一方、食品・環境中の微生物検出培地シート「サニ太くん」や、牛や豚の動物用体外診断用医薬品等、ユニークなライフケミカル製品も製造・販売しています。

 白癬菌検出キットの販売は、JNC株式会社の商事部門を担う日祥株式会社が、インターネット(http://shiyaku.cct-kk.com)による通信販売を中心として、主に国内外の研究者、医師、獣医師向けに行ないます。同社は、すでにインターネットを通じ化粧品の販売を行っており(http://cct-kk.com/)、そのチャネルを活用して、初年度は2万テスト分の販売を目指します。

     *本製品は検出用試薬であり、体外診断用医薬品ではありません。
      白癬菌による感染症が疑われる場合は、専門医の診断を受けることをお勧めします。