水力発電所営業運転開始のお知らせ(熊本県/川辺川第二発電所)

JNC株式会社(東京都千代田区、社長:後藤 泰行)は、熊本県球磨郡相良村に所有する水力発電所の改修工事を完成させ、新たに営業運転を開始しましたのでお知らせ致します。

 

当社グループは、先端化学企業として液晶材料や有機EL材料の研究開発および製造販売を基幹事業とする一方、環境・エネルギー分野も重要な事業ドメインと位置付けています。国内に13ヵ所の水力発電所(最大出力合計94,600kW)、4ヵ所の太陽光発電所(同16,000kW)を保有し、再生可能エネルギーによる発電事業に取り組んでいます。

 

当社の水力発電所は全て「流れ込み式」を採用しています。河川水からごみを取り除いた後に、水路を通して水槽へ導き、水圧鉄管を落下させることで水車を回して発電する仕組みです。大規模なダムを必要としないため環境負荷が低く、二酸化炭素排出量が少ない、貴重な純国産のエネルギーです。

 

この度、2013年より進めている水力発電所の大規模改修工事におきまして、川辺川第二発電所が営業運転を開始しました。一連の大規模改修工事では、5ヶ所目の営業運転開始となります。水車・発電機を高効率の機器へ更新することで、認可取水量を変えずに出力を700kW(約9%)増強しました。当社は、これまで培ってきた発電技術を生かし、周辺環境に配慮しながら、将来にわたり安定したエネルギーの供給で社会に貢献してまいります。

 

<川辺川第二発電所の概要>

(1)所在地

熊本県球磨郡(くまぐん)相良村(さがらむら)

(2)最大出力

改修前

8,200kW

改修後

8,900kW(一般家庭 約13,000戸分の年間発電量)

(3)投資金額

約29億円

(4)工事着工

2015年12月

(5)営業運転開始

2017年11月1日

 

 

                                                                                                                                                                               以上