八幡ソーラー発電所竣工のお知らせ

 JNC株式会社(東京都千代田区、社長:森田美智男)は、本日12月2日、熊本県水俣市において八幡ソーラー発電所の竣工式を執り行いましたのでお知らせいたします。

 

 JNCグループは、高度情報化社会に欠かせない液晶材料や有機EL材料の製造販売及び研究開発を基幹事業とする一方、環境・エネルギー分野も重要な事業ドメインと位置づけ、九州地区に13ヶ所の流れ込み式水力発電所(最大出力合計93,200kW)を保有すると共に、太陽光発電にも取り組んでおります。

 

 本発電所は、当社の社宅跡地(約30,000㎡)を活用したメガソーラー設備で、JNCグループ3ヵ所目の竣工となります。発電能力は2.6MWで、一般家庭約800戸分の年間発電量を見込んでおります。これまで培ってまいりました発電ノウハウを活かし、安全安定供給を行います。

 

 太陽光発電は、温室効果ガス排出量が少なく、永続的なクリーンエネルギーを生み出す発電方式です。当社は、自然環境や地域社会に配慮した事業活動を行い社会に貢献してまいります。

 

<事業の概要>

(1)発電所(所在地)

八幡(はちまん)ソーラー発電所(熊本県水俣市八幡町)

(2)敷地面積

約30,000㎡

(3)発電能力

2.6MW(一般家庭 約800戸分の年間発電量)

(4)投資金額

約7億円

(5)工事着工

2014年 3月

(6)発電開始

2014年11月22日

 

以上


八幡ソーラー発電所航空写真