ミックスモード用セルファイン

近年、複雑な構造をもつ生体高分子の分離・精製に、リガンドとして異なる性質を有すミックスモード型分離剤が注目されています。
セルファインMAX AminoButyl は疎水基であるブチル基とイオン交換基となる一級アミンをリガンドに持つセルファインで、特に、疎水性の強いウイルス様粒子(Virus like particles)の分離・精製用に設計されています。

リガンド構造

Cellufine MAX
AminoButyl

Cellufine MAX AminoButyl

規格
項目  
N contents (μmol/ml) 20 - 33
Elution volume (ml)
 α-chymotrypsinogen A (HIC mode)
 Pepsin (IEX mode)
 
12.0 - 17.0
12.0 - 17.0
Microscopic test (%) < 5

特徴
ベース基材 Highly cross-linked cellulose
粒子径 90μm (40 – 130 μm)
リガンド Butyl + primary Amine
2M (NH4)2SO4 条件下での吸着着特性(1) α-Chymotripsinogen A; +
Ribonuclease A; -
Lysozyme; -
20 mM Tris-HCl (pH7.5) 条件下での吸着着特性(2) Transferrin; -
BSA; +
Pepsin; +
推奨使用圧力 < 0.3 MPa
+; adsorption, -; no adsorption


セルファインMAX IB はポリアミンの一部をブチル基修飾したリガンド構造をもつミックスモード用セルファインで、塩濃度やバッファー種の影響を受けにくく、優れた不純物除去性能を示します。
特に、抗体医薬精製のポリシング工程の利用に期待できます。

リガンド構造

Cellufine MAX IB

Cellufine MAX IB

規格
項目  
Ion Exchange capacity (meq/ml) 0.10 - 0.16
BSA Adsorption capacity (mg/ml) ≥ 60
Microscopic test (%) < 5

特徴
ベース基材 Highly cross-linked cellulose
粒子径 90μm (40 – 130 μm)
推奨使用圧力 < 0.3 MPa
主な用途 抗体医薬やグロブリン製剤の製造における不純物除去など

セルファイン MAX IBを用いた抗体医薬精製の一例
下表にProAレジン精製(酢酸溶出)、ウイルス不活化処理した後、pH7および6mS/cm の電気伝導度に調整したモノクローナル抗体試料をセルファイン MAX IB及びポリマー修飾型強陰イオン交換体を用いてフロースルーモードで精製した結果を示します。
Cellufine MAX IBの使用でモノクローナル抗体の2ステップ精製の可能性を示唆する結果を得ることができました。

Cellufine MAX IB

[Acknowledgement]
This research is partially supported by the developing key technology for discovering and manufacturing pharmaceuticals used for next-generation treatments and diagnoses both from the Ministry of Economy, Trade and Industry, Japan (METI) and from Japan Agency for Medical Research and Development (AMED).



セルファインとはプロダクト取扱説明書/技術情報カタログ番号・包装形態・価格お問い合わせENGLISH中文版
JNC株式会社トップ
Copyright © 2011 JNC CORPORATION All rights reserved.