セルファインMAX疎水クロマトグラフィー充填剤

セルファインMAXは第2世代のセルファインの新しいクロマトグラフィー担体です。セルファインMAX疎水クロマトグラフィー充填剤体は、高度に架橋したベースを用いて高流速の安定した性能を保持します。最適化された高性能な特性のMAXシリーズはダウンストリームの工程処理能力を高めます。
セルファインMAX疎水クロマトグラフィー充填剤体には、セルファインMAXブチル、セルファインMAXフェニル, MAXフェニルLS(低リガンド導入量)があります。

セルファインMAXフェニル Cellufine MAX Phenyl
 
セルファインMAXフェニル LS Cellufine MAX Phenyl-LS
セルファインMAX ブチル    

仕様
グレード セルファインMAX ブチル セルファインMAX
フェニル
セルファインMAX
フェニル LS
基材 高架橋セルロース
粒径 ca. 40~130 μm
官能基 (リガンド) ブチル基 フェニル基
BSA 吸着容量 (mg/ml) ≧9 ≧11 ≧4
BSA 回収率 (%) > 70 > 35 > 65
Polyclonal IgG 10% DBC (mg/ml) 17 30 19
使用圧 < 0.3 MPa
pH 安定性 pH 2 ~ 13
包装形態 20% エタノールに懸濁


構造図
官能基 (ブチル基)
セルファインMAX ブチル
官能基 (フェニル基)
セルファインMAX フェニル
セルファインMAX フェニル LS


■モデルタンパク質を用いた分離特性
 
Column: 6.6 mm ID x 50 mm L
Buffer A: 10 mM phosphate buffer (pH 7) + 1.5 M (NH4)2SO4
Buffer B: 10 mM phosphate (pH 7)
Proteins: Ribonuclease A, α-Chymotripsynogen A, Lysozyme


■異なる食塩濃度とモデルタンパク質吸着容量の関係
 
Column: 5 mm ID x 10 cm L
BSA concentration: 1 mg/ml
Buffer: 50 mM Tris-HCl (pH 8.5) + NaCl


■異なる塩濃度におけるモデルタンパク質の動的吸着容量
Column: 5 mm I.D. x 5 cm L
Flow velocity:150 cm/hr
BSA concentration: 1 mg/ml
Buffer: 20 mM Phosphate (pH7.0) + (NH4)2SO4

■Dynamic Adsorption Capacity for Cellufine MAX Butyl
 
Column: 5 mm I.D. x 5 cm L
Flow rate: 0.5 ml/ min
Protein concentration: 1 mg/ml
Buffer: 10 mM Phosphate (pH 7.0) +
2 M (NH4)2SO4 / BSA
1 M (NH4)2SO4 / polyclonal IgG



流速特性

 
Column:2.2cm I.D. x 20 cm L
Temperature: 24 ± 1 ℃
Mobile phase: Water


セルファインMAXHICのカスタマイズ
ユーザー様の最適条件となるべく疎水基の導入量をコントロールすることが可能です。

■疎水基導入量とBSA吸着容量、回収率の関係



化学的安定性
以下の溶媒、オートクレーブに対して安定です。

Ethanol (70%)   NaOH (0.5M)
Isopropyl alcohol (30%)   Detergents
Guanidine hydrochloride (6M)   Autoclave (121 ºC, 20 min)
Urea (6M)      



セルファイン MAX ブチル > MSDS/取扱説明書/技術情報 > カタログ番号


セルファイン MAX フェニル > MSDS/取扱説明書/技術情報 > カタログ番号


セルファイン MAX フェニルLS > MSDS/取扱説明書/技術情報 > カタログ番号



セルファインとはプロダクト取扱説明書/技術情報カタログ番号・包装形態・価格お問い合わせENGLISH中文版
JNC株式会社トップ
Copyright © 2011 JNC CORPORATION All rights reserved.