社員とともに

働きがいのある職場づくり

人権労働慣行委員会

JNCグループでは、2013年4月にCSR委員会が発足し、その活動の中核となる人権の尊重と適切な労働慣行の実現に対応すべく2013年度下期から『人権労働慣行委員会』がスタートしました。今後も人権・労働慣行のテーマを設け、人権教育、働きやすい職場環境づくり等を推進してまいります。

働きやすい職場環境づくり

社員が仕事と家庭を両立し、十分に能力を発揮することができるよう、働きやすい職場環境づくりに努めています。

ワーク・ライフ・バランス

社員が仕事と家庭を両立し、安心して業務遂行できるよう、育児・介護休制度を導入しています。特に育児休に関しては、女性社員の育児休取得率はほぼ100%となっており、育児休を取得しやすく、さらには復職後も継続して勤務することができる職場環境が整っていると考えています。また、2016年7月より、育児休と育児短時間勤務の利用可能要件を拡大いたしました。今後も、育児休はもちろん、介護休についても取得しやすい職場環境づくりに努めてまいります。
また、社員が生活と業務の調和を図りながら効率的に働くことができるようフレックスタイム制度を導入しています。

年休取得の奨励

年次有給休暇(年休)の計画的付与、年休取得奨励期間の設定等の取り組みを行っています。

■2015年度の年休取得実績:約80%(全社員)(管理職 約70%)

2013年度から年休取得奨励期間を設け、主としてゴールデンウィークとお盆の時期に設定し、まとまった休暇を取得できるよう推進しています。今後もさまざまな施策を講じ、社員が年休を取得しやすい職場の環境づくりに取り組んでまいります。

積立年休制度

前々年度分で残余となり失効した年休を1日単位で最大40日まで積み立てることができます。使用目的については、本人の傷病、子の看護や家族の介護、ボランティア活動、さらに地域貢献活動へと拡大してきました。更に2016年7月より、定年退職後引き続き再雇用される社員について、定年退職直前に一定の日数につき積立年休の使用を可能としました。これらの使用要件に該当すれば、通常の年次有給休暇よりも積立年休を優先して使用することができるのが特徴です。

雇用の多様性

JNCグループは、性別、国籍などを問わず、優秀な人材を積極的に採用しています。女性活躍推進の観点では、女性の採用のみにとどまらず、女性が長く継続して働ける環境づくりも一層重要となります。今後も雇用の多様性の確保に努めてまいります。
定年退職者の再雇用については、2015年度から再雇用制度を改正し、高いモチベーションで業務を遂行してもらえるよう、評価制度を導入しました。ワーク・ライフ・バランス等の観点からシニアタイム勤務制(短日・短時間勤務制)を導入しています。
障がい者雇用については、「障害者の雇用の促進等に関する法律」で規定される法定雇用率を遵守するにとどまらず、更なる雇用率向上を目指して採用活動に取り組んでまいります。

キャリア形成支援

中期経営計画「NC-SCRUMⅡ」における人事施策として、昨年まで取り組んだ「事業戦略に合致した人材育成」の総括を踏まえ、「新たな人材育成の環境整備」に重点を置き取り組んでいます。

■具体的活動
①人材育成の環境整備(社員教育体系の見直し)
②コンプライアンス教育の拡充
③「グローバル人材育成プログラム」の見直し
人材育成の環境整備(社員教育体系の見直し)

日々刻々と変化する市場や社会情勢の中で、社員一人ひとりが充実した職業生活を送ることができるように、社員が複数のプログラムから必要に応じて研修を選択受講できる「選択型研修」の導入に向けた継続検討と整備を進めています。

コンプライアンス教育等の社内教育の機会創出

コンプライアンスやJNCグループの諸活動を理解するための教育は階層別研修にて継続して実施しますが、今後は内容を拡充し、より多くの社員が学習の機会を得られるよう検討してまいります。

CSR研修の様子

「グローバル人材育成プログラム」の実施

成長市場、特にアジア市場での事業拡大を踏まえ、グローバルに活躍できる人材の確保および育成に力を入れてまいります。グローバル人材育成プログラムを更新し、海外の文化や価値観を理解し受け入れることができるプログラムに特化し、真のグローバル人材の育成を目的に本研修を実施しています。

社員の心の健康管理

厚生労働省が示す「労働者の心の健康の保持増進のための指針(メンタルヘルス指針)」に基づき、これまでにセルフケアを目的とした悩み相談窓口やカウンセリング制度等を導入し、社員の心の健康づくりに取り組んでいます。2015年8月には各事業所への均一なサービス提供が可能となるようカウンセリング体制を見直しました。
加えて、メンタルヘルス疾患のため欠勤・休職している社員の復職を支援するため、リハビリ勤務制度を導入しています。また、リハビリ勤務期間中は産業医や医療スタッフが定期的にフォローを行い、本人の復職をバックアップするための体制を整えています。

ハラスメントの防止

JNCグループではハラスメント防止に力を入れています。2015年10月より、セクシュアル・ハラスメントに加えてパワー・ハラスメントの予防・解決を目的としたハラスメントの防止に関する規程を制定しました。ハラスメント防止委員会を各事業場に設置し、セクハラ・パワハラに関する苦情・相談処理体制を整備しています。
また、全事業場においてハラスメント防止教育に取組むべく、DVD視聴を通じた研修や外部講師による講習を実施しています。