レスポンシブル・ケア方針

レスポンシブル・ケア(RC)とは「化学物質を扱う企業が化学製品の開発から製造、物流、使用、廃棄に至る全ての過程において、自主的に『環境・安全・健康』を確保し、環境安全対策の実行、改善をはかっていく活動」のことです。JNCグループは1995年からRC活動をスタートしています。1999年にRC関係の各種方針を発展的に統合しRC方針を制定しました。

基本理念

当社は、常に社会のニーズに応え、且つその発展に寄与すべく、次の基本認識の上に立って事業活動を推進する。

1. 地球環境の保全は、人類の幸福のための条件である。
2. 安全は、会社の存続と社会貢献の基盤である。
3. 安全な製品の供給は、企業の社会的責任である。
4. 社会からの理解と信頼を得るには、率直な対話が不可欠である。

行動方針

環境保全について

①事業活動のあらゆる段階において、環境負荷の低減に努める。
②省資源・省エネルギー及び廃棄物削減を目指した技術開発に努める。
③製品及び技術の開発にあたっては、その開発段階から環境保全の確保を得る。
④従業員は環境保全に関する認識と理解の向上に努める。

安全について

①安全は、社長以下全ての職責・職務にあって、最高の優先度を持つ。
②「安全常に」を合い言葉に、無事故・無災害を目指す。
③従業員各人は、常に危険の存在を意識し、保安防災に努める。
④地域住民を含めた人々の、安全と健康の確保に努める。

製品安全について

①製品の基本は、安全・品質・コストであることを十分に認識する。
②顧客及び市場の信頼と満足に応える製品とサービスを提供する。
③高品質且つ安全な製品を安定に供給するため、品質保証活動を強力に推進する。
④顧客に、使用法・供給方法等について、適切且つ十分な情報を提供する。

コミュニケーションについて

①行政関係、市民を含む利害関係者への関心を常に維持するよう努める。
②利害関係者に、RC活動の正しい理解が得られるように努める。
③社内のコミュニケーションの維持・改善に努める。

制定1999年2月1日