水俣製造所

事業所概要

水俣市は、熊本県の最南端に位置し、海岸部及び山間部に温泉を有し、沿岸部は全域が県立自然公園に指定されており、豊かな自然環境に恵まれています。
当製造所はJNCの発祥工場で、1908年に初代社長 野口遵が水力発電による豊富な電力と石灰石に着目しカーバイドを造ったのが始まりです。
その後、石油化学そしてファインケミカルズへと技術革新の流れに沿って成長してきました。
現在は、液晶や有機EL材料、ファインケミカル製品、シリコン化合物製品、ライフケミカル製品等のバラエティーに富んだ製品を製造し、JNCグループの中核的な役割を担い、関連企業や協力会社と力を合わせて地域との共栄に努めています。

line

事業場写真

水俣製造所は、不知火海に面した熊本県水俣市にあり、敷地面積は約50万㎡、西側には護岸500m・水深6mの専用港を有します。

photo

事業場長写真

photo

製造所長 庄司 慎哉

line

RC年度方針

[モットー] 安全常に
[スローガン] 見えないリスクを見出す力 高めて磨こう現場力 ヨシ!

[重点実施項目]
社長指示事項
安全が企業の競争力の源泉と考え、安全管理者は安全管理に必要な工数の確保に努め、現場のパトロールをこれまで以上に強化し、労働災害の撲滅に努めること」は、これまで以上に努力して継続すること。また、パトロールが不十分な事業場は、トップダウンで徹底すること。

労働災害ゼロに向けた安全衛生活動の推進
・リスクアセスメントによる高リスク案件の漏れのない抽出と安全対策の確実な実施
・対話を重視したパトロールと3Sの推進
・非定常作業指示書の確実な運用
・全員参加によるヒヤリハット提案活動・KY活動の推進
・危険体感教育による危険に対する感受性の向上
・協力会社への効果的な安全活動支援
★ 重大災害予防の為のKnow-Why教育の継続
★ 製品・取扱い物質の管理強化
・化学物質リスクアセスメントの計画的な運用
・従業員への教育・周知の徹底
★ 特別強化項目
・熱中症予防対策の強化
・漏えい事故防止対策の確実な実施と水平展開の強化

line

地域交通安全活動

出前授業 科学実験講座

南九州自動車道開通に伴い、交通量増加、スピード超過等への対応として「パト看板」を寄贈しました。

小学5年生を対象とした、総合的な学習の一環で毎年実施しています。
内容:スライムを作ろう、人工いくら製造、トマトの糖度を計ろう、エジソンの光、炎色反応、マイクロスコープ

photo
photo
line

スポーツ大会

2007年度より青少年育成を目的にスポーツ大会(野球・バレーボール・サッカー・ソフトボール・ビーチボールバレー)を開催・支援しています。

photo
photo
photo
line

クリスマス・イルミネーション

社会貢献活動の一環として「クリスマス・イルミネーション」を始めています。
現在では12月の年中行事として市民に定着し好評をいただいております。

photo
photo
line

総合防災訓練

定期的に、公設消防と水俣製造所防災対策組織の合同防災訓練を実施しています。

photo
photo
photo
line