CSRマネジメント

CSR基本理念

JNCグループは、「地球環境の保全」、「安全の維持」、「安全な製品の供給」、「企業倫理意識の徹底」、「社会との率直な対話」をCSR活動の基本理念に据え、社会に有用な製品・サービスを供給し続けることで、社会の持続的な発展に貢献します。

CSR基本方針

JNCグループは、2013年4月にCSR基本理念を定め、CSR活動をスタートしました。そして、同年7月にCSR基本方針をCSR委員会での審議を経て決定しました。私たちは、これをグループ全体で共有し、行動してまいります。

1. 地球環境の保全
2. 安全の維持
3. 安全な製品の供給
4. 企業倫理意識の徹底
5. 社会との率直な対話
6. 働きがいのある職場づくり
7. 社会貢献活動の推進

CSR推進体制

社長を委員長とするCSR委員会は、CSR推進の方針、目標、および中核主題に係る重要事項を審議・決定し、進捗状況の確認と効果の検証を行うことで、全体の調整を図りながら活動を推進します。
CSR推進の中核となる「レスポンシブル・ケア会議(RC会議)」、「コンプライアンス委員会」、「人権労働慣行委員会」、「CSRコミュニティ委員会」では、各々の活動の推進に責任を持ち、方針・目標を決定、進捗状況の確認や各種事項の審議・決定を行い、その内容をCSR委員会に報告します。

CSR活動計画

JNCグループは、CSR活動の推進と社内浸透を二段階にて進めてまいりました。
 2013~2014年:CSR推進体制の構築
 2015~2016年:CSR推進体制の見直し、活動定着

CSR活動定着の重点目標として、各委員会・会議の確実な実行と「教育の強化」を掲げ、各委員会・会議を運営し、研修会や説明会を開催しました。
また、海外対象会社を訪問しての説明会や、階層別の意見交換会および教育を行うことで、社員一人ひとりが、個々の立場でCSRを意識し、自主的に行動することへの認識を高めてまいります。

台南工場説明会