広州ES繊維有限公司

事業場概要

広州ES繊維有限公司は、広州市の南東に位置する経済技術開発区にあります。
1994年に設立され、1997年から紙おむつやナプキン等の衛生材料に使用されるES繊維の生産、1998年からはES繊維を用いたスルーエア不織布の生産を開始し、今年設立20周年を迎えました。
2013年度に発足した開発科も、2014年度に新規試験設備を導入し、開発活動の加速を目指しています。

line

事業場写真

事業場長写真

広州ES繊維有限公司

総経理 朱 吉平

photo
photo
line

RC年度方針

2014年度は、環境面では、仕上剤切り替えロス削減及び廃棄仕上剤の濃縮により、環境負荷軽減に取り組みます。
安全面では、徐動運転中についても回転体近接作業のリスクアセスメント及びハードウェアの強化を更に進め、危険要因のある徐動作業を最小限化していきます。
また他の不織布工場への水平展開も進めていきます。

line

クリーン生産企業認定

2013年度は不織布工場のCSRの見本となる安全環境管理を目標に、JNCグループのスルーエア不織布工場として初めて不織布ラインの安全標準化に取り組みました。
生産及び徐動運転中作業の危険レベルを3つに分類し、高い危険レベル作業項目を作業と設備の両面から見直し、作業自体の削減もしくは危険レベルを下げる是正を進め、生産運転中の回転体近接作業についてはゼロを実現しました。
加えて、2013年6月に政府のクリーン生産企業、同年10月に広州市工業安全生産標準企業、同年12月に職業安全健康管理合格企業の各認定を得ました。

photo
line

社長表彰

photo

2013年度はポリエステル系複合繊維生産性向上達成によるアクションプログラム社長表彰B賞も受賞しました。

line

社員旅行

2014年5月及び6月の2回に分けて、設立20周年記念行事第一弾として、初めて広東省外遠方への2泊3日の社員旅行を挙行しました。
景勝地の桂林地区の鍾乳洞や、渓流下りによる風光明媚な景色を楽しみ、夜は宿泊ホテルでトランプなどのゲームで社員の親睦を深めました。

photo
line