コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス体制

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社及び当社グループは、JNCグループとしての一元的なガバナンスのもと、以下のような「内部統制システム整備に関する基本方針(抜粋)」を定め、企業価値の最大化をコーポレート・ガバナンスの基本目標とし、意思決定及び業務執行の迅速化、経営責任の明確化に努めています。

 

① 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合する事を確保するための体制

コンプライアンス規程に基づき、遵法監視体制を強化するとともに、取締役及び執行役員並びに従業員に対し、コンプライアンスに関する教育を実施する。

② 損失の危機の管理に関する規程その他の体制

リスク管理に関する基本規程を整備し、リスクマネジメント体制の充実を図り、リスクを適切に管理する。

③ 株式会社並びにその親会社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制

関係会社運営規程に従い、当社グループに属する個々の会社を管理するとともに、内部統制システムを当社グループにも適用し、業務の適正を確保する。

④ 監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

監査役は、監査役会のほか会社の重要な会議に出席し、意見を述べることが出来る。
また、監査役は、いつでも会計監査人に対して意見を求め、内部監査部門、取締役、執行役員及び従業員に対して必要な調査・報告等を求めることができる。

 

コーポレート・ガバナンス体制図

※1 取締役会:経営上の意思決定を行うとともに、各執行役員より業務執行状況を報告させ業務執行の監督を行っています。取締役会は、取締役で構成されます。

※2 経営会議:経営の基本的な目標、方針、計画並びに特に重要な業務執行について審議、決定しています。この経営会議は、役付執行役員、特に議長が指名する者で構成されます。

※3 監査役会:2名の社内監査役および2名の社外監査役で構成されています。各監査役は取締役会への出席をはじめ、社内の重要な会議に出席し、厳正な監査を行っています。