市原製造所

事業場概要

市原製造所は、東京湾に面した京葉コンビナートの一角に位置し、面積約51万m2を有します。JNCグループにおける生産及びR&Dの主要拠点です。液晶などの高付加価値製品をはじめ、ポリプロピレン・高密度ポリエチレンなどの合成樹脂、オクタノール等の石油化学製品、リチウムイオン二次電池用セパレーターなどを生産しています。
また、地球環境保全に取り組み「ゼロエミッション」、「省エネルギー」を具体的なRC方針として掲げ、有害物質・廃棄物等の排出量削減や省エネルギーに積極的に取り組んでいます。

line

事業場写真

製造所

研究所E棟

photo
photo

事業場長写真

photo

製造所長 阿部 將起

line

RC年度方針

[重点実施項目]

1.

リスクアセスメントによる高リスク案件の漏れのない抽出と安全対策の確実な実施

2.

会話を重視したパトロールの強化と3Sの推進

3.

非定常作業指示書の確実な運用

4.

全員参加によるKY・HH・RAの活性化及び再発防止対策による災害・トラブルの撲滅

5.

危険体感教育による危険に対する感受性の向上

line

本社保安管理方針

JNC石油化学株式会社の全社保安管理方針は次のとおりとする。

1.

全ての職責・職務で保安確保の取組みを優先して行う。

2.

保安管理システムは、継続的な改善により維持向上に努める。特に、リスク低減化とトラブル再発防止により事故・トラブルを防止する。

3.

法令、協定、社内規程等を遵守する。

4.

保安活動は、目標を設定し、計画的に実施し、実績を確認して見直す継続性のあるものとする。

5.

本方針はJNC石油化学で働く全ての就業者への周知、理解を図ると共に教育訓練及び保安の確保に関わる諸活動を通じこれらの意識向上を図る。

photo
line

保安管理方針

市原製造所は本社保安管理方針を踏まえ、保安管理活動を実践し社会的責任を果たすことが、会社の存続と社会貢献の基盤であると認識し、保安管理方針を次のとおりとする。

1.

製造所長をトップとし以下全ての従業員は、「安全常に」をモットーに、一丸となって保安の確保に取り組み、それらの体制を確立する。

2.

保安管理システムの継続的な改善を図り、事業活動のあらゆる段階において、保安管理の向上に努める。特に保安に影響を与える危険源等のリスク低減化及び再発防止対策の徹底に取り組み災害トラブルの未然防止を図る。

3.

原理・原則に基づく判断基準を基本とし、法令、協定及び社内規程・基準類を遵守する。

4.

保安管理方針達成のため、保安管理目標を設定し計画に基づき推進する。また、定期的見直しによりこれらの継続的改善を図る。

5.

本方針は製造所で働く全ての就業者へ周知し、理解を図ると共に、教育訓練及び保安の確保に関わる諸活動を通じこれらの意識向上を図る。

photo
line

保安管理目標

市原製造所の各部署は本社保安管理目標を踏まえ、責任と役割を明確化して、保安管理計画を策定し、推進することにより次の目標を達成する。

1.

保安防災に影響を与える危険源の抽出とリスクアセスメントの強化

2.

特定要求事項の見直しと周知

3.

変更管理の徹底

4.

教育・訓練体系の再構築とレベルアップ

photo
line

2017 危険物安全週間ポスター 市長賞受賞

2016 空気呼吸器社内大会

管理室 大垣 隆主務

photo
photo
line

研究E棟竣工式①

研究E棟竣工式②

photo
photo
line

五井臨海まつり

2016 市原市・環境部への肥料贈呈(緑のカーテン事業)

阿部製造所長(左)と小出市原市長(右)

photo
photo
line

2016 若葉小学校工場見学

2016 若葉小学校訪問

 

若葉小学校への「自由帳」の寄贈

photo
photo
line

2017 朝の安全呼びかけ

2016大型SD決起集会

photo
photo
line

市原市防火安全協会主催 初期消火大会(男女で入賞)

環境安全品質部(設備保安担当) 鳥海 洋祐作業長(右)
事務部(勤労担当) 阿波 由香里社員(左)

photo
line