人を知る

JNC(株)水俣製造所所属

生産技術部門

JNC(株)水俣製造所
保全部

山口大学大学院 理工学研究科 
機械工学専攻

2011年入社

現在の仕事内容

JNC(株)水俣製造所所属

安定供給を支えるプラントメンテナンス

年中無休で稼動する化学プラントを安全に安定して運転できるよう、機器のメンテナンス・設備の改造および工事の工程管理を行っています。現在、多くのプラントを担当させて頂いており、各プラント機器故障等による製造停止が起きぬよう、日頃からプラントのパトロールを行い機器・配管の状態(異音・振動・発熱など)を把握し予防保全に努めています。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    先輩の言葉と新たな分野へのチェレンジ
    当初は機械系の企業を希望して就職活動を行いましたが、化学メーカーに就職された先輩と話す機会があり、「化学系の企業でも機械系出身者は重要で仕事も楽しい」という話しを聞いて、1つの機器の機械設計などに携わるのもいいが、機械を使う側として多くの機械に触れてみたいという気持ちと、化学という新たな分野へチャレンジしてみたいという思いが出てきたため、化学メーカーにも視野を広げました。当社を知ったきっかけはインターネットでした。100年以上の歴史があり化学品や機能材料など幅広い事業を展開していることから、技術力がある企業だと感じたことと、面接官・人事の方が温かく印象が良かったため入社を決意しました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    初めての設計
    2011年入社し1年3ヶ月の研修を経て水俣製造所保全部機械課エンジニアリンググループに配属されました。エンジニアリンググループの主な仕事は、新規プラント建設工事および改造工事で機器(タンク、ポンプ等)設計・購入、配管設計、工事の工程管理などを行っています。初めて任された仕事は配管改造工事であり、どのような配管にしたら現場の方々が作業しやすいのか、液溜りはなくなるか、既設配管との干渉はないかなど色々と考えることも多く、現場と保全部を行き来する毎日でした。色々な方にご指導頂きながら考えた図面が、実際の設備に取り付けられたときの達成感は今でも印象に残っています。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    機器のメンテナンスや設備の改造時
    現在の仕事は、機器のメンテナンス・設備の改造および工事を行っており、学生の頃に学んだ4力学(熱力学・流体力学・材料力学・機械力学)は重要だと感じています。配管の改造作業においても、熱による伸びの影響や圧力損失(ベルヌーイの定理 etc)など考慮して設計しなければなりません。しかし、実際に仕事していく上で学生の頃に学んだ知識は1~2割程度しか使用しておらず、会社に入って新たに学ぶことのほうが多いのではないかと感じています。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    コミュニケーション
    私自身、仕事を通じて重要となるのは「コミュニケーション」ではないかと感じています。仕事を進めるうえで、人と関わらずに1人で仕事をすることはなく、必ず多くの人と関わり仕事を進めるものです。私の仕事でも、製造担当部署の方から改造工事等の依頼を受け、工事業者の方など多くの人に協力して頂きながら仕事を進めていきます。色々な人と接する中で「笑顔」と「相手の気持ちになること」はコミュニケーションをとる重要な要素だと感じました。また、当社では駅伝大会など色々なイベントも多く、他部署と交流する機会も多くあるため、このようなイベントもコミュニケーションの場として役に立っています。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    安全と平常心
    人は焦ることや勝手な思い込みのせいで誤った行動をします。そのような不安全行動により災害・トラブルが発生します。特に化学工場内では、危険な物質を取り扱っているため、誤った行動で大きな災害に繋がる可能性があります。機器故障時の復旧など仕事の中では、急いで作業を仕上げなければならない事もあります。しかし、そのような場合に焦って事を進めることで、途中のチェックなどを忘れたりしてしまい、そのことが原因で災害や仕事の遅れに繋がることがあります。急いでいる時こそ、落ち着いて適正且つ安全な手順で作業できるよう“安全常に”を心がけて仕事を行っています。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    誰もが認めるエンジニア(保全マン)
    仕事を通じての将来の夢として誰もが認めるエンジニア(保全マン)になりたいと思っています。そのための短期的な目標として、水俣製造所全てを把握できるような保全力を身につける。具体的には、全ての製造の流れを把握することと共に設備診断技術力を上げて、各プラントを適正に判断できるようになること。長期的には、機械だけの知識では良い設計は出来ないので、化学・電気・土建など幅広い知識を得るため資格取得などの自己啓発に努めたいと考えています。また、エンジニア(保全マン)として、コミュニケーションは重要なため、常日頃から「聞く」「伝える」を意識した会話をしていこうと心掛けています。最後に、この夢を実現するためにも、日頃からの体調管理を行い、健康に気をつけていこうと思っています。

仕事のある1日の流れは?

6:00

起床

 

7:30

出社

通勤時間30分。出社後は当日の予定確認とメールチェック。

7:55

ラジオ体操

 

8:00

課内ミーティング

当日の作業内容確認・KY/危険予知。

8:20

現場作業立会い

○配管更新作業
○ポンプ整備
当該課・保全部・請負業者にて作業内容確認・安全チェック
現場確認後作業

10:00

 

機器老朽化に伴い機器を更新のため仕様書作成

11:00

機械課懇談会

 

12:00

昼食

 

13:10

 

整備機器の整備状況を請負業者の工場にて確認(工場外)

14:00

 

各プラントの現場パトロール(通常時は朝実施)

15:00

工程会議

当該課・保全部・請負業者にて当日の作業進捗確認・翌日の作業内容確認。

15:30

整備機器の据付・試運転

三者(当該課・保全部・請負業者)確認。※試運転が失敗することもある。

16:00

翌日の作業確認

 

16:30

課内ミーティング

当日の作業進捗確認・翌日の作業内容確認。

16:50

仕事終了

 

17:30

温泉・軽食

 

19:30

フットサル

週1回会社のサッカー部でフットサル実施。

22:15

帰宅

風呂・洗濯。

24:00

就寝

他の社員

社員一覧に戻る