人を知る

JNC(株)水俣製造所所属

生産技術部門

JNC(株)水俣製造所
生産技術部

佐賀大学大学院 工学系研究科
機能物質化学専攻 修了

2008年入社

現在の仕事内容

JNC(株)水俣製造所所属

プラント増強工事、液晶化合物の新規製造プロセス開発。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    先輩からの紹介と説明会で感じた魅力的な社風。
    学生時代に、自身の経験を活かせる企業を探そうと就職活動を始めましたが、国内だけでもかなり多くの企業があり、エントリーする企業の絞り込みに非常に悩んでいました。その時、隣のデスクにいた先輩にアドバイスを頂き、JNCの事を教えて頂きました。説明会での対応が丁寧で、社風も魅力的に感じたので、この会社にしようと決めました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    「安全・コスト」に対する意識が学生時代の研究と違った!
    今思うと学生時代には、自身の研究テーマに対する学術的深耕にばかり目が向いていたなと感じます。企業研究では、それだけでなく安全衛生、法令遵守、採算などを加味し、商業化を前提とした研究がなされているので、入社当初に大きなギャップを感じた事が最も印象深かったです。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    プラント建設の基本設計で大いに役立った。
    大学時代の講義で習った原理原則が、確かに産業界で活かされていることを知りました。ある製品プラントの建設プロジェクトに携わった時は、様々な工学計算をベースに基本設計を行いました。今でも時々、大学時代の熱力学や化学工学の教科書を引っ張り出して参考にしたりします。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    シミュレーターやDCSのスキルが身に付いた。
    JNCは社員に対する教育支援が充実していると思います。私の場合は、学びたい、と声をあげれば上司が環境を整えてくれました。基本的にOJTが中心ですが、気液平衡計算のシミュレーターや、プラント制御のためのDCSのシーケンス構築のスキルが身に付いた事は、学生時代に経験が無かったので自身の大きな成長を実感しました。やる気があれば任せてもらえる、そんな社風もJNCの好きなところです。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    コミュニケーションの大切さ。
    生産技術部は、研究、製造、エンジニアリングといった幅広いステージで業務を行います。その為、部署間の話しやすい雰囲気作りを心掛けています。それぞれの立場を理解するために、自身も常に勉強していく姿勢が重要だと思います。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    将来はプロダクトマネージャーに!
    まずは、ケミカルエンジニアとして一人前の技術を身に付け、組織横断プロジェクトを統括できる人間になりたいと思っています。そのためにも、一生勉強する姿勢を忘れないよう努力していきたいですね。

仕事のある1日の流れは?

6:30

起床

7:30

出社

通勤時間は5分。出社後はメールをチェック。

8:00

ミーティング

部内の朝ミーティングで本日の予定を確認。その後、設計図面の製図作業、官庁申請資料の作成、研究所のドラフトで実験など。

12:00

昼食

仲のいい同期と雑談。

13:00

実験データ解析

実験データを基にプロセス設計計算などを実施。

15:00

打合せ

メーカー、コンサル、他部門との打合せ。機器仕様の連絡や技術相談など。

17:00

進捗確認

帰宅前に仕事の進捗度を確認。不明点があれば上司に相談。

18:00

帰宅

家族と夕食。子供の日々の成長に驚かされます。

19:00

入浴

21:00

勉強など

資格試験や英語の勉強など。やる気が出ないときは子供と戯れています。

24:30

就寝

他の社員

社員一覧に戻る