人を知る

JNC(株)横浜研究所所属

研究部門

JNC(株)横浜研究所

九州工業大学大学院 工学府
物質工学専攻 応用化学コース 修了

2014年入社

現在の仕事内容

JNC(株)横浜研究所所属

新製品開発及び既存製品の改良が主業務。

JNCの製品であるシート培地「サニ太くん」は、食品中の細菌および真菌(カビや酵母)を簡易操作で検出できるため、食品工場などで使用されています。私は、このサニ太くんの研究開発およびお客様に対するテクニカルサービス(TS)をしています。研究開発では、新製品開発及び既存製品の改良を行っており、TSではお客様から送られてくる検体での評価、菌の同定などを実施し、各お客様が満足に使用できるようにサポートを行っています。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    高い技術力と親しみやすい社員の人たちが決め手です。
    学部4年生の時、就職活動をしていた研究室の先輩から「JNCはすごい技術力をもつ、大企業だ」という話を聞いたことがきっかけです。入社理由は2つあり、1つ目は、新製品を生み出すことに注力していると感じたからです。JNCは研究開発に力を入れており、機能性材料からライフケミカル製品まで様々な社会で役立つ製品を上市しています。JNCでなら社会で役立つ製品を生み出せると感じました。2つ目は、出会ったJNC社員の方々が非常に親しみやすい方と感じたからです。適切に表現できていないかもしれませんが、人が良く、真面目な方が多いという印象がありました。この2つは、入社後も間違っていなかったと感じています。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    自分の報奨金をチーム全員の為に使う上司。
    上司が会社からもらった報奨金を使って、チーム全員で食事に行ったことがありました。チームは女性が多かったこともあり、お洒落で豪華な店での食事になりました。食事会の当日はみんなウキウキだったのを覚えています。準備段階からチームのメンバーの笑顔が増えつつも、しっかり仕事をするという場面が多く、職場が活気に満ちていました。チーム全員の仕事へのモチベーションも向上していたように思います。この時まで私は、報奨金は個人のものであるという認識でした。上司は個人の報奨金全てをチームの食事に使い、チームへの感謝を示してくれました。私の考え方を一新する出来事だったので、今でも大変印象に残っています。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    化学の考え方と生体物質の知識が研究開発で活きる!
    私の学部時代の専攻は化学でした。そこでは、物事を分子レベルで考えること身につけました。研究室に入ってからは、生体物質を使ってセンサを作る研究をしていました。そこで、DNA、タンパク質、脂質および両親媒性分子などの知識を身につけました。業務の一つである研究開発では、身につけた考え方や知識が無ければ進めることができないので、常に研究室での経験は活きていると感じています。一例として、今取り組んでいる製品の試作品を作る時に、水に溶けにくい分子を可溶化する必要がありました。この時には専攻で学んだ知識が活きました。また、研究に関する世の中の動向をチェックする際にも、専攻で学んだ知識が、文献の収集に役に立っていると感じます。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    多面的な安全教育のおかげで自身の安全意識も大きく向上!
    仕事を通じて身にしみて感じていることは、安全の重要性です。入社後、何回かに分けて安全教育が実施されます。安全とは何かといった基礎的なものから危険体感教育まで様々な教育があります。そこでは、安全の大切さやいかにして安全を確保するのかについて学びます。また、毎月あるグループでの懇談会でも必ず安全衛生教育があり、安全への意識を高めるのに役立っています。もちろん、日々ある作業の前にもKY(危険予知)を行いますので、作業自体も安全に行うことができます。こういった多面的な安全教育のおかげで、会社の中の安全はさることながら、プライベートでも安全に気をつけるようになりました。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    自分を見失うことがないよう本来の業務を常に意識する!
    仕事をしていると、本来の業務(研究開発およびテクニカルサービス)以外の雑用(もちろんこれも大切な業務)が入ってきます。すると、近視眼的になり、目の前に積み上げられた仕事をいかにこなすかということだけを考えてしまいます。目の前の仕事を早くこなすことも大切ですが、そうすると自分が何のために働いているのか見失いそうになることがあります。そうならないように、私の本来の使命は何なのか、すべきことは何なのかということを思い起こすことを常に心がけています。思い起こすことで、仕事へのモチベーションを高め、良いパフォーマンスを発揮することができます。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    社会の役に立つ製品を世に送りだしたい!
    私の仕事を通じての夢は、社会の役に立つ製品を世に送り出すことです。社会の役に立つ製品を作り出すことは、お客様にも喜ばれ、会社も利益が上がるので非常にやりがいがあります。私は学生時代化学を専攻していました。化学は材料を作る研究が多いのですが、誰にも使われない材料を研究するよりは、人の役に立つ材料(または製品)を研究したいと次第に思うようになりました。JNCはまさに、人の役にたつ製品を世界に先駆けて世に送り出してきた歴史のある企業です。一般的に、新製品が世の中に出て行くためには、様々なステップが必要になり、長い年月を必要とするかもしれません。しかし、JNCには良い製品を送り出すために努力している方々が数多くおり、それぞれの経験や知恵で、あらゆる方面から協力してもらえます。特に、ステップの1つであり、私の業務である研究開発では、まわりに高度な技術力を持った方々も多く、この先輩方が非常に協力的で、私自身、何度も助けていただいています。こういった環境で、日々自分を磨き、一刻も早く、少しでも多く、社会に無くてはならないような製品を作り出していきたいと思っています。

仕事のある1日の流れは?

7:30

起床

社宅と会社が近いので、朝はゆっくりできるのが有難い。

8:30

出社

通勤時間は8分。出社後はメールと今日の予定を確認する。

9:00

業務開始

培養している菌の継代を行う。

10:00

新製品の試作品を作製する

12:10

昼食

会社の弁当がリーズナブルで有難い。

13:00

試作品の評価を行う

16:30

実験ノートの記入

実験ノートの記入や考察を行う。

17:00

文献調査等

文献調査や、上司と次の試作条件の相談を行う。

17:40

帰宅

帰宅してから近所のスーパーで食材を購入する。

18:10

夕飯

夕飯と次の日の朝食を作る。他社の人と交流をしに行くこともある。

20:30

入浴

入浴後は、インターネットで調べ物や、読書することが多い。

22:00

就寝

軽い筋トレをしてから就寝。

他の社員

社員一覧に戻る