エントリーはこちら

JNCリクルートページ

トップ人を知る生産技術部門 JNCファイバーズ(株)守山工場所属

人を知る

JNCファイバーズ(株)守山工場所属

生産技術部門

JNCファイバーズ(株)守山工場
生産技術課

東京大学大学院 総合文化研究科
広域科学専攻 相関基礎科学系 修了

2010年入社

現在の仕事内容

JNCファイバーズ(株)守山工場所属

繊維・不織布工場の能力改善が主業務。海外案件の仕事も多い。

繊維・不織布工場の能力改善を主に行っています。既存のプロセスや設備の問題点を抽出し、改善を図るにはどうしたら良いかということを調査・検討しています。またそれを活かして新規工場への反映やプロセス設計なども行っています。工場のスタートアップにも携わることがあり、限定的ではなく、幅広く仕事をしています。特に私の所属する繊維事業部は海外進出が盛んで、私自身、海外案件の仕事にも数多く携わっています。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    グローバルな素材開発を行っている化学会社だったから。
    入社理由は、JNCがグローバルな素材開発を行っている化学会社だったからです。学生時代の専攻では主に有機物性化学、有機分子化学を学んでおり、出来れば専攻を活かした仕事に就きたいと考えていました。JNCは液晶や周辺材料、有機EL材料などの研究開発を行っており、それらの仕事に就くことで自分が培った能力を社会に貢献し、還元できると考えたからです。またグローバルに働くことにより、狭い視野ではなく広い視野で物事を捉えられるようになることで、より先進的な考えが出来るようになるのではと考えていました。残念ながら現在は専攻を活かした仕事とは少し違いますが、違った形でグローバルに社会へ貢献していると思っています。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    タイ不織布工場スタートアップ業務に携われたこと。
    入社後、一番印象に残っていることは、タイ不織布工場のスタートアップに携わったことです。新しい土地に新設した工場であったため、初期トラブルや現地スタッフやオペレーターが不慣れということもあり、中々計画通りに進まなかったことや、慣れない土地に長期滞在したりなど色々と苦労しました。ただ全くゼロの状態からスタートアップを行ったので、自分や現地スタッフ達の成長を直に感じることが出来ました。またこのことを通して、言葉が通じなくても色々な手段を駆使してコミュニケーションを取る力が養えたと思います。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    専攻以外の仕事でも、新しく学ぶ事は楽しい。
    正直に言って、今の仕事の中で学生時代の専攻が活かされているとはあまり思わないのですが、学生時代に培ったスケジュール把握能力、情報探索能力、考察する能力は活かされていると感じています。特に理系の学生は自ら実験を計画し、実行した後に結果を評価・考察して、改善するという一連の流れを身に付けている人が殆どだと思います。そういったことについては大いに活かされていると思っています。現在の仕事は学生時代の専攻とかなり違っていたので、むしろ新しく学ぶことが楽しく、抵抗は少なく学ぶことが出来たと感じています。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    技術者同士なら言葉以外でも伝わるものの、語学は必要!
    技術者同士だと言葉が完璧に通じなくても、共通言語やマンガを描いて表現することや、適当な英語と簡単な現地の単語、身振り手振りで何とかコミュニケーションが出来ると気づきました(一部のみですが…)。コミュニケーションはお互いに通じ合おうという気持ちが一番大切であると思っています。海外で通訳がいなかったときもそうやって乗り切りました。ただし言葉が話せることに越したことはありません。それに甘えずに現在、英語は勉強中です。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    スピード感、そして正確性と効率性を見極めるバランス感覚。
    仕事上で心がけていることは、スピード感を持つことですね。スピード感を持ち、早くある程度仕上ることで、その仕事をより良くする時間や他の仕事を行う時間を確保出来ると考えているからです。悩んだときもまずは仕事に取り掛かり、前に進めることを心がけています。今まで大体のことが作業中に「やっぱりこうしたほうが良いな」と思い、修正することが殆どでした。私は、正確さが求められる際にはダブルチェックなどは必要だと思っています。でも仕事の段階によっては不必要な時もあり、それらが逆に仕事の効率性を下げるのではないかと考えています。ただ、それらを使い分けることが最も重要な事であると思っています。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    海外で活躍することで更に経験の幅を広げたい!
    今でも既に少し携わっていますが、海外での仕事をより多くやってみたいと思っています。海外での仕事は、よりスピード感があることや日本に居る時よりも責任がある仕事に携われることが魅力の一つだと思います。さらに計画・設計段階から自分が携わり、その工場のスタートアップまで行うという一連の仕事も行ってみたいと思っています。何も無いところから大きな工場を建設する場面に立ち会えることは、そうそう出来ない体験だと思います。現在、JNCの海外拠点は限られていますが、今後さらに増えていくかもしれません。他国の文化に触れることも人生の中では良い経験になると考えています。ただし今のところは日本での生活の便利さを再認識することが殆どなのですが・・・。それを再認識出来る機会は日本で仕事するだけではわかりませんので、それはそれで良い経験なのだと思います。

仕事のある1日の流れは?

5:30

起床

朝は早めに起きて、軽い運動やニュースを観る、家事をするなど色々行う。

7:30

早めに出社

社宅からの通勤時間は10分ほど。出社後はメールをチェックし、1日の計画を建てる。

8:00

業務開始

工場に行き、現在発生している問題点の抽出などを行う。

10:00

打ち合わせ

新規工場へ導入予定の設備仕様に関してメーカーと打ち合わせ。

12:00

昼食

会社の食堂で定食320円。

13:00

海外の工場と電話会議

生産状況と発生したトラブルなどを共有する。

15:00

設備の調査等

新しい設備や機器の調査を行う。必要があればメーカーと打ち合わせを行う。

17:00

日報作成

帰宅前にデスク周辺を掃除し、日報を書く。

17:30

帰宅

1時間ほど自宅近くで趣味のランニングをする。

19:00

夕食

録画したテレビを見ながら夕食を取る。

20:00

入浴

23:00

就寝

他の社員

社員一覧に戻る