エントリーはこちら

JNCリクルートページ

トップ人を知る研究部門 JNCファイバーズ(株)繊維開発センター所属

人を知る

JNCファイバーズ(株)繊維開発センター所属

研究部門

JNCファイバーズ(株)繊維開発センター

東北大学大学院 工学研究科
化学工学専攻 修了

2013年入社

現在の仕事内容

JNCファイバーズ(株)繊維開発センター所属

新規繊維の開発に取り組む。

私が所属している繊維開発センターでは、新規繊維の開発・テクニカルサービス業務・既存品のコストダウン化検討などを行っています。その中で私が担当している業務は、新規繊維の開発です。センター内にあるパイロット機で、条件検討・物性評価を行っています。ある程度結果が出た時点で、製造課と打ち合わせを行い、工場で行われる実機試作に立会います。そこで、また新たな課題が見つかれば、さらに改善検討を行います。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    雰囲気の良さが決め手になった。
    JNCを知ったきっかけは、就活サイトです。就活当時は、化学の知識を仕事に活かしたいという思いがあり、技術力の高い化学メーカーを探しておりました。その中で、JNCの技術力・事業内容・会社規模に興味を持ち、採用試験を受けることにしました。面接などで社員の方と接するにつれ、とても雰囲気のいい会社だな、という印象を受けました。雰囲気も自分に合い、仕事のやりがいもあると感じたため、入社を決意しました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    周りのフォローが、自分を成長させてくれる。
    一番印象に残っていることは、入社一年目(新入社員研修)の改善検討です。新入社員研修の締めくくりとして、工場における課題解決に取り組みました。一年目の何も知らない自分が、実際の工場で検討を進めていいのかと不安でした。しかし、現場の方々、ブラザー(先輩社員)など様々な人達に助けられて何とか無事終えることができました。もし失敗すれば責任は重大ですが、逆に言えば若手にも大きなチャンスがあるということです。この経験から積極的に仕事をすることで、周りからフォローされ自分を成長できると感じました。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    学生時代のベースがあることで更に幅が広がる!
    正直なところ、学生時代の専攻がそのまま活かされるということは、あまりありません。学生時代は無機ナノ粒子を扱っていたため、入社当時は繊維どころかポリマーについても、ほとんど知らない状況でした。自分だけではなく、同期・先輩方を見ても、学生時代の研究を直接活かせることは稀です。ですが、研究開発の考え方や進め方、分析方法などは大学時代の経験が役立っていると感じることもあります。また、今まで知らなかった分野を扱うことで、自分の知識・考え方の幅が広がり、会社にとっても新しいアイデアが生まれる機会になると感じています。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    コミュニケーションとホウレンソウの重要さ。
    日々の仕事を通じて、コミュニケーションは重要だと感じています。当然ながら仕事は一人では進めることはできず、同じ部署、もしくは他部署の方の協力を受けながら進める必要があります。打ち合わせ等で、コミュニケーションをとりながら意見交換することが、日課になります。また、日頃のホウレンソウ(報告・連絡・相談)も非常に重要です。気になったことや失敗したことも含め、先輩社員・上司に伝えることが大事であり、JNCは相談しやすい雰囲気にあると感じています。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    計画通り進めるというあたりまえのことがいかに重要か!
    スピード感をもって仕事をするよう心がけています。学生の頃に比べ、よりスピードが求められると感じています。スピードが遅いと、仕事がたまっていくだけではなく、お客さんからの信用・他社との競争力にも悪影響がでてしまいます。そのため、スケジュール立てが重要になってくると思います。確かにスケジュールを立てることで、遅れることなく計画通りに進めることができますが、他の仕事が入った時など、どうしても遅れてしまうこともあります。その場合は、上司に相談してスケジュールを組み立て直します。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    更に自分を磨き、海外で活躍したい!
    将来の夢は、海外で働くことです。現在、JNCは世界各国に工場・事業所があります。学生時代から海外で働きたいという夢があり、JNCに入社するきっかけとなりました。その中で、私が所属している繊維事業は、中国を中心に海外に工場・事業所があります。自分の努力次第で、海外で働けるチャンスがある環境です。今は繊維開発センターで技術力を身につけ、将来的には海外での生産安定・生産性向上に貢献する仕事ができればと思っています。また、今できることとして、英語の勉強にも励んでいます。JNCには、通信教育制度や英語教室・資格奨励制度があり、自分のやる気次第で成長できるチャンスがたくさんあります。これからも、このような制度を利用しながら、日々できることをコツコツとやっていこうと思っています。

仕事のある1日の流れは?

6:50

起床

寮と会社が近いので、朝はゆっくり起き、ニュースを見てから通勤。

7:45

出社

通勤時間は自転車で15分。出社後はメールをチェック。

8:00

ミーティング

グループの朝ミーティングで本日の予定を確認。その後、作業場へ移動し準備。

10:00

紡糸機にて繊維を採取

(第1工程)いくつか条件をふり数点とることも。

12:00

昼食

13:00

繊維を加工

午前中採取した繊維を加工。(第2工程)

15:00

打ち合わせ

今までのデータについて議論する。

17:00

データ整理

その日のうちにまとめておく。

18:00

帰宅

入浴。

19:00

寮にて夕食

金曜日などは若手社員で飲みに行くことも。

22:00

自由時間

部屋でテレビを見たり、勉強したりして過ごす。

23:00

就寝

他の社員

社員一覧に戻る