エントリーはこちら

JNCリクルートページ

トップ人を知るエンジニアリング・エネルギー部門 JNC石油化学(株)市原製造所所属

人を知る

JNC石油化学(株)市原製造所所属

エンジニアリング・エネルギー部門

JNC石油化学(株)市原製造所
保全部 保全担当

鹿児島大学 工学部 機械工学科
材料力学専攻 卒

2010年入社

現在の仕事内容

JNC石油化学(株)市原製造所所属

製造設備における機器のメンテナンス・保守・管理。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    機械系出身者も活躍できる化学メーカーだった。
    JNCは、私の地元九州にゆかりのある企業で、以前より興味がありました。当初は、化学メーカーという印象が強かったのですが、製品を製造する為には機械は必要不可欠であり、機械系出身でも活躍できると知り、入社を決意しました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    自らが主体となった大規模工事終了後の達成感。
    印象に残っているのは、初めて自らやり遂げた大規模工事です。私が担当している市原製造所では、2年に1度大規模な改修工事があります。これは、機械の故障等のトラブルを防ぎ、安定して製品の製造を行う為に定期的に機械の整備、点検を行うものです。計画から実働までを自らで行い、工事終了後無事に設備が動き出した時の達成感は忘れられません。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    学生時代に得た知識が確実に土台となっている事を実感。
    保全部では単に機器のメンテナンスだけでなく、機器選定や配管設計なども行っています。設計などを行う上で、私が学生時代に専攻していた材料力学をはじめ、熱力学や流体力学など様々な専門知識が必要となります。それらの、基礎的な部分で学生時代の知識が活きていると感じることがあります。学生時代の専攻が直接業務に結びつくことは少ないかもしれませんが、確実に土台となっていると思います。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    コミュニケーションの重要性。
    実際に保全の仕事を通じて、他者とのコミュニケーションの重要性を学ぶことができました。工事業者と作業を進めていく上での連携や、機器メーカーへの相談など様々な人とコミュニケーションをとることが仕事を円滑に進める為には重要だということを認識させられました。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    一にも二にも“安全意識”!
    工場で働く上で、危険は常に身近にあります。特に工事現場では、自身の安全管理はもちろんですが、作業者が安全に作業できるよう管理しなくてはなりません。どのような作業でも、「安全常に」をモットーに作業を行っています。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    世界に誇れる製品づくり。
    よりよい製品を安定して市場に供給する為には、製造設備の保守、管理が必要になります。私は保全担当者として、製品を安全かつ安定して製造できるように設備の保全に努めていきたいです。そして、プラントを管理するという立場から、世界に誇れる製品づくりに貢献していきたいです。

仕事のある1日の流れは?

6:50

起床

7:40

出社

出社後はメールをチェック

8:30

ミーティング

課内の朝ミーティングで本日の予定を確認。その後、現場に赴き担当設備の稼働状況を確認。
作業予定のある日は、作業者とミーティング。

9:00

現場での話し合い

現場にて作業者と作業の安全対策や重点項目について話し合う。

10:00

デスクワーク

今後の作業計画や図面作成などのデスクワーク。

12:00

昼食

13:00

打合せ

工事業者と当日の作業進捗、明日の予定の打合せ。

14:00

現場確認・調査

図面などをもとに実際に現場にて確認や調査。

16:00

仕上がり確認

作業者と現場作業の仕上がりを確認

16:50

報告

課内のミーティングにて当日の作業の進捗、特記事項を報告。

18:00

帰宅

19:00

自由時間

子供と遊んだり、愛犬の散歩に行ったりして過ごす。

24:30

就寝

他の社員

社員一覧に戻る