エントリーはこちら

JNCリクルートページ

トップ人を知るエンジニアリング・エネルギー部門 JNC石油化学(株)市原製造所所属

人を知る

JNC石油化学(株)市原製造所所属

エンジニアリング・エネルギー部門

JNC石油化学(株)市原製造所
保全部 電設担当

秋田大学大学院 工学資源学研究科
工学資源部 電気電子工学科 修了

2010年入社

現在の仕事内容

JNC石油化学(株)市原製造所所属

プラント内の電気・計装機器等の保全作業。

プラント内の保全作業。主に電気・計装機器の定期メンテ計画や故障した場合の対応を実施しています。また、古くなった機器の更新や新規に導入する機器の設計・設置なども行っています。実際に、現場で作業をするのは協力会社(工事業者)の場合が多いのでその作業を監督することも多いです。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    大学院内の求人応募をきっかけにJNCの液晶技術に興味。
    大学・大学院で半導体材料関係の研究をしており、求人応募でJNCの液晶技術に興味を持ちました。そこでJNCを調べてみると高い技術力、幅広い製品を取り扱っており、この会社に入社したいと思い入社しました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    「安全常に」をモットーとする安全意識の高さ!
    安全に対する意識が非常に高かったことです。特に、安全第一と言う言葉はよく聞いていましたが、JNCでは安全は順位をつけるものではなく、「安全常に」をモットーにしていると言う言葉が印象に残っています。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    学生時代の電気電子工学の知識が日常業務で活かされる。
    電気電子工学が専攻ですので機器の設計や補修時に、学生の頃、学んだ知識がそのまま生かさていると感じます。特に、設計時は必死で覚えた計算式や定義が必要となっています。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    家電製品等に強くなった!?
    電気機器等を常日頃から取り扱っているので、家電製品の故障や調子が悪くなっても大体の原因が分かり、修理できるものは自分で修理するようになりました。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    「安全」!
    現場の補修作業の監督をすることが多いので、作業者が怪我等しないように常に安全に気をつけています。危険な場所はないか、雨等で足場が滑りやすくなっていないか等、常に確認をしています。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    電気・計装分野のエキスパート。
    電気・計装分野のエキスパートになることです。この分野で問題が発生したら、まず先に頼られるような人物になりたいと思います。

仕事のある1日の流れは?

7:00

起床

寮から通勤バスで出社。

8:00

出社

通勤時間は15分。出社後はメールをチェック。

8:30

予定の確認

課内の朝ミーティングで本日の予定を確認。その後、現場に赴き既設設備の稼働状況を確認。

9:00

打ち合わせ

本日のメンテ作業を協力会社の業者と確認打合せし、作業の仕掛りを実施。

9:30

作業の監督等

作業の監督やメンテの計画業務を実施

12:00

昼食

13:00

作業の監督等

午前に引き続き、作業の監督やメンテの計画業務を実施。又、設備改造のために現場調査等を実施。

15:00

業者と打合せ

依頼事項、工事日程のほか、工事の安全対策について打合せ。

17:00

帰宅前に仕事の進捗度を確認

不明点があれば上司に相談。

19:00

帰宅

20:00

リラックス

その後、部屋でテレビを見たり、同期の社員と談笑したりして過ごす。

22:00

入浴

24:00

就寝

他の社員

社員一覧に戻る