エントリーはこちら

JNCリクルートページ

トップ人を知る研究部門 JNC石油化学(株)市原研究所所属

人を知る

JNC石油化学(株)市原研究所所属

研究部門

JNC石油化学(株)市原研究所

和歌山大学大学院 博士前期課程
システム工学研究科 システム工学専攻 修了

2011年入社

現在の仕事内容

JNC石油化学(株)市原研究所所属

放熱材料の研究開発と量産検討など。

放熱材料の研究開発と量産検討、およびテクニカルサービスを行なっています。新製品を開発して特許を書いたり、開発をした製品をどのような手法で量産するかについて、量産装置や使用する原料の選定などを行います。更に、開発品を正しくより効果的に使用していただくために、営業担当者と一緒にお客様を訪問し、使用方法についての提案や技術的なアドバイスを行なったり、お客様のニーズに合わせて製品の改良を行なっています。

Q&A

  • JNCを知ったきっかけと、入社理由は?

    最先端の分野で仕事がしたい!
    正直なところ、知ったきっかけまでは覚えていません。「化学メーカーで研究開発をしたい」と思って就職活動を始める人であれば、大体の人は知っているスケールの会社ではないかと思います。私は、学生時代に有機ELの研究をしていました。就職先を選ぶ際に、「どうしても有機電子材料がやりたい!」といったこだわりはありませんでしたが、最先端の分野の化学製品に関する研究開発に携わりたいという気持ちがあったので、有機電子材料やその周辺材料を多く扱っている、JNCへの入社を希望しました。

  • 入社後、一番印象に残っていることは?

    自分の開発した製品が役に立つ可能性。
    自分が3年ほどかけて開発を進めてきた製品のサンプルを、お客様に評価して頂いて、良い評価が返ってきたことです。それまでに、何度もお客様に評価して頂いて、問題点に対し改良を重ねてきました。その結果、良いフィードバックをいただいたことが一番印象に残っていて、とてもやりがいを感じました。まだ全ての問題を解決できたわけではないのですが、更に改良・開発に力を入れていきたいと思います。

  • 学生時代の専攻が仕事上で活かされていると感じる時は?

    研究・専攻の主軸だけが自分の知識ではない。
    学生時代の専攻は有機合成、中でも有機ELの発光材料の開発でした。有機合成がメインの研究でしたが、評価のために半導体工学やパネル製品の現状と問題点なども勉強していました。現在の職務では、熱対策を行なうための加工品の開発がメインで、バリバリ合成を行なうといった環境ではありません。しかし、お客様に熱対策材料の紹介を行なう際、例えばその製品を組み込むターゲットがパネル製品であった場合、駆動に関する仕組みや問題点について少し知っているだけでも、何に困っているのか、どのような対策が考えられるのかをイメージしやすいので、学生時代に得た知識が役に立っています。

  • 入社後実際の仕事を通じて気づいたことや身に付いたものは?

    研究開発以外の仕事を行なっている人との連携。
    学生実験と会社における研究開発のスケール感の違いや、経済感覚が必要になることに気が付きました。学生のころの研究における最大の目的は、最終目的の化合物を作って物性を調べることでしたので、基本的には研究室にこもって実験をするという手法でした。しかし、会社における研究開発は、たくさん売れるものをまたは高く売れるものを、どれだけ安く安定的に作れるかが重要です。営業担当者とも協力しながら、どうすれば価値のある製品になり、必要とされるようになるのかを一緒に考え、研究の分野以外の社員とも連携をとりながら、仕事を進めていくスキルが身についてきたのではないかと思います。

  • 仕事上で常に心がけていることは?

    世の中が求めるものは?アンテナは常に高感度で!
    研究開発以外にも、TS(テクニカルサービス)を担当しているので、展示会に出展し多くの方に製品を紹介する機会や、お客様を訪問して直接話を聞く機会を与えてもらっています。その際に、世の中のトレンドや、さらにお客様がどのような方向へ今後の製品開発を進めていこうとしているのかについて、感じ取れるよう意識しています。研究開発を行ない、さらにそれを量産へまで進めることは一朝一夕ではできませんから、今後どのような製品が世の中から求められるようになってくるのかを見通せる眼を養って、研究開発へ活かしていきたいと思っています。もちろん技術者ですので深い知識は必要ですが、視野が狭くならないように心がけたいですね。

  • 仕事を通じての将来の夢は?

    第一線で活躍する女性像。
    一番の夢は自分の開発したものが、お客様の評価を得て製品として世の中に出回ることですね。それも、できるだけ日常生活に近いような欠かせない製品に採用されることが目標です。自分の手がけた製品が世の中の役に立ち、生活をより豊にしていければ良いと思います。仕事を充実させていきたいのはもちろんのことですが、周りの女性先輩社員にも、テキパキ働きながらお母さんをしている方がいらっしゃるので、私も将来は、第一線で活躍できる母親になりたいですね。もしも、自分が結婚して母親になったときに、自分の子供に「このテレビ、車、スマートフォン、照明に、お母さんの開発した材料が入ってるんだよ。世の中がどんどん便利になっていくのは、お母さんたちの仕事のおかげなんだよ。」って言えたらカッコいいですよね。

仕事のある1日の流れは?

6:00

起床

寮から通勤バスで出社。

7:30

出社

通勤時間は40分ほど。出社後は作業着に着替えてメールをチェック。

9:00

ミーティング

チーム内のミーティングで、今週の予定と先週の成果を報告・確認。

10:00

製品の開発・改良および量産検討

お客様のニーズに合わせて、製品をチューニング。

12:00

昼食

お弁当を作っていくことも。

13:00

原料メーカーと打ち合わせ

スケールアップする際の価格イメージなどを相談

14:00

新製品の開発

15:00

特許出願のための実験データを採集

ティータイムで一息ついたあと、データ採集と並行して、お客様に商品を提案するための、資料を作成。

18:20

退社

シャトルバスにて寮まで帰宅。近隣にも沢山の工場があるため、出退勤時は少し道が混んでいます。

19:00

帰宅

食材を買いに出かけた後、寮にて自炊。仲の良い女子寮の先輩・後輩社員と外食することも。

20:30

家事等

夕飯の片付け、洗濯などの家事を行なう。 部屋でテレビを見たり、週末に出掛ける計画を立てる。

22:30

入浴

リラックスタイム。

24:30

就寝

他の社員

社員一覧に戻る